2022年度研究大会(第13回)

日時  2022年7月2日(土)14時00分より[13時45分受付開始]
場所  龍谷大学深草キャンパス22号館302号室         Zoomによるオンライン同時配信 [13時45分より入室可]

○ 委員会(12:30~13:40)           22号館302号室

○ 開会の辞(14:00~14:05)
                       会長 冨樫 剛

○ シンポジウム (14:00~16:15)
本当らしさと驚異
――タッソ、スペンサー、ミルトンにおけるエピックとロマンス
                  オーガナイザー  森 道子

1.トルクァート・タッソの詩論における「本当らしさ」と「驚異」について
                          村瀬 有司

2.女戦士は「本当らしい」か
――『エルサレム解放』のクロリンダ・『妖精の女王』のブリトマート
                          水野 眞理

3.タッソの詩論とParadise Lost
                           森 道子

               

○ 総会(16:20~16:50)            司会 冨樫 剛
1 2021年度活動報告                                    
                           笹川 渉
2 2021年度会計報告および会計監査報告
               花田 太平、金﨑 八重・桶田 由衣
3 2022年度予算審議
                          花田 太平
4 2023年度ー2025年度 会長および委員について
                          冨樫 剛
5 論集の発行について
                          冨樫 剛
6 今後の活動予定
                          冨樫 剛
7 その他
                          冨樫 剛
○ 閉会の辞(16:50~16:55)          
                       会長 冨樫 剛

 研究発表、シンポジウムの概要はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。