2015年度研究大会(第6回)

日時 2015年12月5日(土) 午前10時15分より(10時受付開始)
場所 龍谷大学深草キャンパス和顔館B101教室
会場へのアクセスはこちらをご覧ください。

○ 開会の辞 (10:15~10:25) 会長 桂山 康司
○ 研究発表 (①10:25~11:05; ②11:15~11:55)

1.  A MaskにおけるMiltonの独自性と女性への賛美
 桶田 由衣

2. 『偶像破壊者』と詩篇翻訳
 野呂 有子

○ 昼食 (11:55~13:30)
[昼食は各自でご用意下さい。深草キャンパスの周辺にコンビニがあります。また、キャンパス内にお食事のできるスペースがあります。]

○ 委員会   (12:00~13:30) 和顔館212教室

○ シンポジウム(13:30~16:15)
“Overturn, overturn, overturn”――Paradise Lostをひっくり返す――
オーガナイザー  冨樫 剛

1. Paradise Lostはキリスト教叙事詩か
 冨樫 剛
2. 痛みが見たい――言語芸術作品としての『失楽園』
 圓月 勝博
3. 「虚構ではない」『失楽園』――ソロモン王による国王の表象再考
 笹川 渉
4. ミルトンのParadise Lostを読んだイタリア人たち
 高梨 光正

○ 総会   (16:15~16:50)司会   桂山 康司

活動報告              川島 伸博
会計報告および予算審議       金﨑 八重
会計監査報告            箭川 修・菅野 智城
来年度大会・研究会予定
その他

○ 閉会の辞 (16:50~17:00)     桂山 康司

○ 懇親会 (17:30~19:30)
(於:酔心 京都駅前 地下鉄かタクシーで移動)

研究発表、シンポジウムの概要はこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)